身長 伸ばす 食べ物

子供が大きくなるために必須の栄養素とそれを含む食材を紹介します

子供がすくすく大きくなってくれるのは親として嬉しいですね。
でもこの時期、どんな食べ物を食べさせたら背が伸びるのでしょうか。
そんな疑問にお答えします。

 

1 子供が大きくなる為に欠かせない4大栄養素

 

身長を伸ばす為に必要な4大栄養素はたんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛で、
これらは全て筋肉や骨を作り、さらに栄養素の吸収をよくする事で成長ホルモンの分泌を活発にします。
とはいえ、4つの栄養素だけを食べればいいのかというとそうではなく、炭水化物やビタミン、ミネラルや食物繊維をバランスよく摂取する事が大事です。

 

≪たんぱく質は体の原点≫
人間の体はたんぱく質を含むアミノ酸からできています。
血液や髪の毛や皮膚、爪に至るまですべてたんぱく質です。
子供の成長にとって大切なたんぱく質の働きはなんといっても骨や筋肉を作り、成長ホルモンの分泌を促す事。
子供は大人よりも沢山のたんぱく質の摂取が必要で、同時にカロリーも摂取しなければなりません。
タンパク質やカロリーに含まれるIGF-1という成長因子が血中で増えると、体の軟骨組織も増えて身長が伸びます。
タンパク質やカロリーが多い食べ物といえば、ハンバーグやロースかつやスパゲティなど。
しかし、これらの動物性たんぱく質を摂取しすぎる事でカロリーも過剰になってしまうと肥満になりますので、
適度に納豆や豆腐といった植物性たんぱく質の摂取も心がけましょう。
良質なたんぱく質を含む食品にはしらす干しやいわし、いくらや牛肉、鶏のささみなどがあります。

 

≪カルシウムは骨の原点≫
カルシウムは骨や歯を作るのは勿論、その骨を丈夫にします。また神経系にも作用しイライラを解消してくれます。
カルシウムを含む食べ物は牛乳やチーズ、ヨーグルト、骨まで食べられる小魚、などがありますが、意外と体への吸収率が悪くて、
それを補う為にビタミンDを一緒に摂るのが理想的です。
ビタミンDを最も多く含んでいる食品はきくらげです。
またしらす干しやキノコ類、イワシなどに含まれていますが紫外線を浴びると活性化するので、外で遊ぶことも大切です。

 

なんとしらす干しにはたんぱく質、カルシウム、ビタミンDまで含まれています。
サラダにふりかけに和え物に・・・レシピは広がりますね。

 

 

≪マグネシウムは骨を強化≫
マグネシウムは骨を強化し、歯のエナメルを作り、エネルギー代謝を促して疲労回復を手伝うなどの作用がありますが、
またカルシウム2に対してマグネシウム1の割合で摂取する事で骨を丈夫にし、精神の安定をはかります。
マグネシウムを含む食品はあおさ、きなこ、アーモンドなどのナッツ類やわかめやひじきやバナナなどです。

 

<亜鉛は新陳代謝>
亜鉛は新しい細胞を作るとき、たんぱく質の合成に欠かせない成分です。新陳代謝の活発な成長期の細胞には多く存在し、その分不足しがちになります。

 

味を感じる、爪の健康維持、成長ホルモンの機能を維持したり骨の成長にも欠かせません。亜鉛を多く含む食品には牡蠣、豚レバーや牛赤身、ココア、アーモンド、ゴマなどがあります。

 

アーモンドやゴマはマグネシウムや亜鉛が豊富ですね。
サラダやお弁当に振りかけたりして積極的に取り入れましょう。

 

 

背を伸ばす為には筋肉を作る事も大事ですが、それ以上に骨を成長させることが大事です。
4つの栄養素を組み合わせて骨密度が高く、将来的に骨粗鬆症にならないよう、しっかりとした骨を作ってあげましょう。

関連ページ

ボーンペップが子供の成長にどのように関係があるのか?
ボーンペップってどんな成分なのでしょうか?卵のものすごく早い成長をきっかけに見つかったボーンペップについてその詳しい情報をこちらではお伝えしましょう。
骨の成長をサポートして丈夫な骨を作るのを助けます
ボーンペップの効果とはどのようなものなのでしょうか。卵から発見された卵黄ペプチドであるボーンペップには育ち盛りのお子さんには嬉しい効果があります。それらについてこちらでは詳細にお伝えしていきます。
低身長の原因とその対応法を紹介します
低身長の原因ってどんなものがあるかご存知でしょうか?よく考えてみると分からないというケースもあることでしょう。大きく分けると低身長の原因には病気によるものとそうでないものとがあります。それぞれにピッタリの対応策がありますので、それぞれについて紹介します。
5つのポイントを押さえて大きくなろう!
背を高くする方法にはどのようなものがあるのでしょうか。実は普段からちょっとした心掛けで行える5つのポイントが背を高くする方法としては重要なんです。育ち盛りのお子さんをお持ちのお母さんは必見の情報をお伝えします。