成長期 遅い

ググッと身長が伸びる時期っていつぐらいに来るのが一般的なのか?

お子さんのなかなか身長がのびない…。
そんな悩みをもつ親御さんは多いと思います。
よく身長がググっと伸びる「成長期」という言葉をよくききますが、
その成長期っていつぐらいのことをいうのでしょうか?

 

そもそも成長期とは思春期の数年間のことをいいます。
思春期というのはは一般的に11?18歳くらいです。
つまり、一般的には11歳〜から18歳くらいまでが成長期であり、
もちろん、個人差や男女差がなどがありますので、
早い子供は小学校高学年から中学生くらい。
遅い子供では高校生くらいということになります。

 

そして、この成長期(思春期)には、身長以外にも
様々な変化がおこる時期でもあります。

 

まずは、第二次性徴によって身体は子供から大人へと変化します。
この急激な変化に子供は強く戸惑うことが多く、精神的に不安定になったりします。

 

同時に心も子供から大人へと変化しようとするため
自分や周囲の大人を客観視できるようになります。
大人に対してなにかと批判的になったり反抗的になったり
また、自立心が出てくるためにあまり干渉されることを嫌うようになります。

 

また、大人だけでなく友人に対しても客観的に見れるようになるため
友人の、例えば自分にはあかさない本心がある、ということなどに気づき
友人関係に今までよりも深く悩むようになります。

 

 

話を体の身長の方に戻しますが、そもそも成長期に身長が伸びる理由には
実は骨端線(こったんせん)というものが大きく関わっています。
骨端線とは成長期の子供の大腿骨の関節に近い部分など
「長骨」といわれる部分の先端に現れます。

 

長骨を伸ばすのが骨端線で、その中には軟骨組織があります。
成長ホルモンが分泌されることで
栄養をとりこみ、増殖していくのです。
つまり、それが身長の伸びにつながるというわけですね。

 

だから成長期には成長ホルモンの分泌を促し、
骨端線の軟骨組織が増殖するような栄養素をしっかり摂取することが
身長を伸ばすためには大事なことなのです。

 

 

この骨端線は一般的には10〜17歳くらいの時期に現れると言われています。
先ほど述べたように、成長期(思春期)とほぼ同じ時期です。
そして、成長期が終っしまうと、残念ながらこの骨端線は閉じてしまって活動しなくなり
身長の伸びもストップしてしまします。
つまり、骨端線が現れ活動している、限られた期間こそが成長期といえるでしょう。

 

 

なかなか身長がのびない
成長期がくるのが遅いという子供は
この骨端線が現れる時期が遅いために
成長期が来るのが遅くなってしまっているということも
十分に考えられます。

関連ページ

成長期にしっかり摂りたい栄養素ってどんなの?
成長期に必要な栄養やそれを豊富に含む食材ってどんなものがあるのでしょうか。こちらの記事では成長期に重要な役割を果たす栄養について具体的な働きはもちろん、豊富に含まれる食材についても紹介していきましょう。
男の子が大人に変わる時の変化と親がケアすべきこととは?
成長期の男子の特徴ってどんなもんでしょうか?特に異性となるお母さんからするとよく分からなくなる年代である成長期の男子についてどのような変化が心や体に起こるのかをお伝えすると同時にお母さんとしてケアしてあげたいポイントもお伝えします。
子供の腸内環境改善に関係する細菌達を一挙紹介!
子供達の健やかな成長のためには腸内環境を改善してより良い状態にすることも重要な役割を果たします。子供の腸内環境改善に大いに関係する細菌達を一気に紹介していきましょう。